脱毛を始める前に知って頂きたい事!(施術編)

前回は脱毛前のお願い事項を書かせて頂きました。
そちらを踏まえて、今回から本題の施術についてになります☆

まず皆様、脱毛の施術に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?
危ない?痛い?
打てば打つほど効果がある??
などなど。こうしたイメージをお持ちの方、結構多いです(^^;)
確かに!一昔前の脱毛はこんなイメージだったかもしれません!

しかし、現代の脱毛においてはこうしたイメージは間違いだらけ!
脱毛は決して力業でなく、きっちりと計算されて施術がされています。

まず、痛みについて(^◇^)
脱毛は基本的にどの方法も毛根部分に熱を加えて行います。
脱毛箇所にジェルを塗り、脱毛機を当てて、ピカッと光らせる。1回1回打つ時もあれば連射で打つこともできたりします。
これが脱毛の施術方法になります。
照射した光が黒い毛に当たる事で熱に変わり、その熱によってチクッと痛みが生じやすいのですが、現代の脱毛機は冷却機能が非常に優れており、冷やしながら行う事で痛みを感じにくくなっています。
※脱毛機の種類によっては別の方法で痛みを軽減しているメーカーもあったりします。

しかし!ひげ脱毛は少し別・・・(^^;)
ひげは根が深く、毛も太いため、しっかりと結果を出すためには出力を高める必要もあり、痛みが生じやすくなっています(-_-;)
その痛みは輪ゴムでパチン!とよく表現されますが、うまい例えだと思います。

サロンによっては痛みを軽減するために出力を抑えているところも。
痛みがない代わりに結果出しに時間がかかり、施術間隔が短く施術回数が多くなるのが特徴です(打ち放題など)
痛みがどうしても苦手な方、足しげく通うのがつらくない方はお勧めかもしれません☆

ちなみに当店は毎回変化を感じて頂けるよう、しっかりとした出力で打たせて頂くスタイル!
なので月に一度の来店施術で十分!お忙しい方でも続けて頂きやすいかと思います(^^;)
だからといって肌に負担が大きくかかる、ということでもありませんし、特殊な出力を使う脱毛はひげだけですので、他の部位は痛みはありません!
ご安心くださいませ(*^^*)

続いて、打てば打つほど効果がある??
についてです!

打てば打つほど
日本語の表現が難しいのですが、
脱毛している期間を長くとる【打てば打つほど】と、短期間集中のようにぎゅっと詰めて(例えば打ち放題!のような)【打てば打つほど】では脱毛目的が異なるとお考え下さい!

これはなぜでしょうか??

実は毛は毛周期という逆らえない生理作用に支配されており、脱毛もこの毛周期に合わせて施術を行うからなんです。

毛というのは、
成長している【成長期】があり、成長を止めて自然に抜けるのを待つ【退行期】を経て、抜けた後は成長期までの準備期間である【休止期】を過ごして、再度【成長期】に入るサイクルを毛穴1つ1つが独自の周期で回っています。

この周期は個人差や、部位ごとに差はあるのですが、おおよそ半年から2年かけて一周しています。
脱毛可能箇所の中では特にひげは周期が長く、およそ2年ほど!(◎_◎;)

そして!大事なこととしまして、
脱毛施術で効果が得られるのは成長期にいる毛だけ
なんです!
これは医療脱毛も同じで、発毛器官である【毛乳頭】というダメージを与えたい器官が毛と直接繋がっているのが成長期の時だけだから。
そんな成長期の毛は毛量全体のおおよそ10%から20%と言われているので、実はほとんどの毛が退行期か休止期なんです。

短期間集中型で脱毛を行った場合、脱毛期間中の成長期については撃退され生えなくはなりますが、毛周期が周り、他の毛が休止期から成長期に入るとまた当然毛は生えてきます。
(毛が生き返った訳ではありません!)

例えば、ひげ脱毛を3か月集中!で行う場合、その3か月間の成長期の毛は無くなるでしょうが、ひげの毛周期を24か月とみた場合、残り21か月分のひげは時間差で生えてくるとお考え下さい!

毛周期に関係なく脱毛ができる、と言われているものもありますが、まだそこまで脱毛技術は進化できていないのが実態です。
脱毛をやめてしまうと生えてきてしまうのがその証拠…(-_-;)
毛周期に関係なく脱毛ができれば1回の施術で全て完了になるかも!

なので、今見えている毛を無くしたい!
のか
将来に渡り毛をなくしたい!
のかによって脱毛方法は変わります(*^^*)

ぜひご自身にあった脱毛方法を見つけてくださいね☆
減毛希望などでも対応可能ですのでぜひお気軽にご相談くださいませ♪

関連記事

  1. 脱毛を始める前に知って頂きたい事!(永久脱毛編)

  2. 脱毛の仕組みをご説明します

  3. 脱毛までの流れをご案内!

    脱毛までの流れをご案内!